新幹線のテーブル

新幹線に乗ると、前の座席の背もたれ部分に折りたたみのテーブルがあります。
これ、ドリンクを乗せるためのくぼみがあったりして、そこにビールやお茶やらを
おいて、弁当を食べる人、一杯やる人など様々です。

最近、特に朝の列車で見かけるのですが、このテーブルを荷物置きに使う人が結構います。
荷物は頭上の荷物置きか足下に青くと言うのが常識だと思っていた私には、ちょっとした
カルチャーショックです。確かにハンドバッグ程度なら軽くていいかもしれませんが
男性が持つしっかりとした作りの結構重そうな鞄すらおいています。

大体食事をするようなテーブルに鞄をおくことが非常識だし(地面と触れている面が
食事をするテーブルと触れているのは不衛生)、しかも隣に座っているものとしては
出しっぱなしで結構鬱陶しい!!

大きなものは頭上、手持ちの鞄なら足下、ハンドバッグは膝の上では都合が
悪いのでしょうか。20代前半から50代くらいまで結構な年齢層でこれをやる人がいます。
JR東海はどのような見解なのか聞いてみたいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック