非常識のおてんこもり

昨夜の帰りの新幹線は最悪でした・・・

4~5歳くらいの子供7~8人をつれた家族連れ。自由席に乗るべく列の先頭付近で
待っているのだが、ドアが開いたとたん子供がダッシュで割り込み。年配のおじさんに
一喝されて、割り込みは不成功なものの、乗ってからすぐの座席付近で「誰がどこに
座る」だの座席を回転させるだの、後ろがつかえているのはお構いなし。こういう場合は
まずは座席を確保するべくまずは座る。通路を空けてほかの客を通す事を知らない。次は
明らかに乗車券を持たない年齢の子供が座席を占有→7~8人全員。乗車券を
持たないお子様は親の膝の上って事を知らないのでしょうか、知らなさそうでした。
しかも親たちは少し離れた座席なので放ったらかし。親の一人が子供たちのところに来て
「あんたたち時間が遅いんだから静かにするの分かってるね」と脅した(?)だけで
あとは放任。5歳児6人はそんなに聞き分けがいいわけもなく対面座席にして
キャ~キャ~お喋りとNintendoDSのピコピコでやりたい放題。

いるんだね~、こういう非常識な親。そしてこういう風に育てられた子供が
同じような親になっていく・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック