Forerunner305 本体のソフトウェア更新

室内での練習用オプションFootpodオプションの発売が待ち遠しい今日この頃ですが、
このオプションの発売に先立ち、FR305本体内部の更新版ソフトウェアがリリースされています。

このソフトウェアを導入することで

心拍捕捉感度の向上
ペースアラートなどのビープ間隔を長くすることで「うるさい」状態を回避
自動スクロール時の速度変更が可能に
WebUpdaterを利用することで簡単に内部ソフトの更新が可能に
室内使用へのModeボタンからの変更可能メニュー、および室内アイコンの追加
カロリー計算のいくつかの修正(自転車の下り坂や突然の高度変更時など)
各種不具合の修正

が施されているようです。

具体的な手順などはホームページで改めてご紹介します。英語が分かる方は
Garminのホームページをご参照ください。

http://www.garmin.com/support/agree.jsp?id=1421

画面下のI agree to the above terms and want to proceed to the download page.を
クリックすると詳細な情報とソフトウェアのダウンロード画面に移動します。

なお、この作業の失敗による本体の故障は保証の範囲外です。内容を理解しないまま
進めてしまい、本体に不具合が生じても当方では責任を負いかねますのでご了承
ください。(これから作成予定の日本語での説明ページについても同様です)
自己責任と言うことでお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック