東京マラソン

東京マラソンをテレビで見ました。

一番最初の感想:いや~寒そう。出なくて良かったかも。
その次の感想:いや~、走りにくそう。マイペースも何もあったもんじゃなさそう。

とにかく東京の街を市民ランナーが駆け抜けていくさまは壮観でした。

それからの感想:あ~、来年はやっぱり出たいな~(笑)

沿道の応援や、沢山のランナーに囲まれてのランはとても楽しいに違いありません。
あれだけの密度でも自分のペースを作って走るのは10キロあたりを超えれば出来そうな
感じでしたね。実際に走った人のコメントも聞きたいですね。うちで購読している日経新聞の
記者も走ったようで、記事になっていました。3時間30分ほどの脚力なので自分よりも
遙かに速いのですが、それでも参考になるものでした。沿道の応援ではサンバが良かったとか。
袋井マラソンではブラスバンドが良かったですよ(笑)

でもバナナが足りないという話を聞くと、それはいやだな~、とか雷おこしが
エイドにあったと聞くと、喉に詰まりそうだな~とか細かいことを考えてしまいました。

それにしても最後豊洲付近からは橋が多いようで、微妙なアップダウンが多い印象でした。
私が昨年12月に走った静岡県の袋井クラウンメロンマラソンでは微妙な坂と言うよりも
結構な坂が多かったのですが、坂が多いと精神的に結構きますよね。あとどれだけの
坂があるのか、知っているのと知らないのでは大違いです。市民ランナーには
きつかったと思います。

それにしても完走率97%とというのは驚きですね。珍しい物好きがあれよあれよと
申し込んだ末の90000人と思っていたので、リタイア率が結構高いのではと
予想していましたが、しっかりとしたマラソンへの意志がある大多数により
これだけの完走率になり得たのではないかなあと思いました。
来年はこの97%の一部になりたい!!!

フルでもハーフでも10キロでも走りきった人しか味わえないあの達成感。ジェンガが
表彰後のインタビューで感極まっていましたが、マラソンを知っている人なら
自分の経験と照らしあわせてジンときたことでしょう。かくいう私もその一人でした。

こういう快感がたまらないんですよね。来月4日は駿府マラソンです。ハーフですが
自宅前がコースになっているので楽しみです。ゴールしての感動とその後のビールを
夢見ながら、練習に励んでいます・・・最近週末だけになってしまいましたが(汗

最近平日朝の練習をしていないので、平日は両足に1.5キロずつおもりを
くっつけています、気休めかな~気休めだろうな~。

Forerunner305の在庫あります。これからマラソンチャレンジの人も、マラソン
経験者の方も。モチベーション維持と実際のレースでとても役に立ちます。
5キロを15分ちょいで走る人は、体でペースを覚えているので、重さが増える分
不利になります。ご注意ください。(そんな人はこのサイト見ないか(笑))

この記事へのコメント

ほっちきす
2007年02月21日 15:11
自分も抽選ハズレ組みで中継は見ることができなかったのですが、報道から察すると第一回の開催としては関係者含めて素晴しい大会だったのではないかと思います。ダイスマンさん同様に「来年こそは(抽選に当たりますように)。」と誓うのでした。Forerunner305を使用されて出場された方の書込みがあるといいですね。
TJ
2007年02月21日 19:50
Forerunner305を装着して東京マラソンに出場しました。
寒い中、スタート位置で長い間待たされましたが、
号砲とともにテンションは上がり、寒さも吹っ飛びました。
さて、肝心のForerunner305ですが、
スタート前、ちゃんと受信はできていたのですが、
走り始めると、混信のためか、天候の影響かわかりませんが、
もともと設定していたオートポーズが勝手に作動し、
タイムが断続的にとぎれるハプニングに見舞われました。

そんな感じなものだから、ペースの表示も
どう考えてもキロ5分くらいなのに、
3分台のペースが表示されていました。
走りながらオートポーズとオートラップを解除し、
その後走りましたが、
自分がスタートラインを越えてからの時間は、
最後までわかりませんでした。

TJ
2007年02月21日 19:50
続きです。
それでもレース終盤の開けた場所では、
比較的正確なペースを表示していたような気がします。
やはり、ビルなどの影響もあるのでしょうか?
その間も心拍計は問題なく作動していたようです。
家に帰りSportstrackで走った軌跡を表示すると、ちゃんと
コースに沿って表示されていました。
まぁ、これがやりたくて、つけて走ったんですけどね。
多少距離は多めに表示されました。(44.1km)

レース中、時計が止まってしまったのは、非常にショックでしたが、
オートポーズとオートラップを解除し、自分でラップを記録していれば、
普通のランニングウォッチ以上の機能はついてるし、
大きさも気になることなく、走ることができました。

レースのように距離表示がちゃんとしてある場合、
特に今回のように1kmごとに表示がある場合には、
Geogle mapに走った軌跡を記すこと以外には、
あまり、メリットはないかもしれませんね。
ほっちきす
2007年02月22日 14:51
レポートありがとうございます。東京都内を走った履歴を見ることができるのは好いですよね。レース後の楽しみのひとつとして、心拍数や標高や速度を見て「あの時は・・・。」なんて思い出すのですよね。そして、平日にその場所へ来て、ひとりで苦笑するわけです。
2007年02月22日 17:36
TJさん、出走までFRの仕様は検討されていたようですが、結局装着しての
出走だったのですね。レポートありがとうございました。

普段の練習で使用していればレースでの使用を想定しながら、設定を
変更できるのですが、今回はレースまでの時間が少なかったので
オートポーズは、落とし穴でしたね。Garminのホームページでは
画期的な機能として紹介していますが、個人的にはどうかな~という
感じで使用していません。(取説の日本語訳にもその旨記載してます)

2007年02月22日 17:36
東京マラソンでは1キロごとに距離表示があったのですか?それは
とても親切ですね。しかしながらFR305を使用すると

心拍数とペースを把握できる

と言う大きなメリットがあります。これは35キロを超えてくると
精神的にとても心強い情報でした(私の場合ですが)。

大きさについては、大きすぎず邪魔にならなかったようで何よりです。

他の方もレポートや使用感など数行程度で結構ですので
コメント大歓迎です。

TJさん、お疲れ様でした!(ちなみに記録はどれくらいだったのか
ちょっと気になるところですね。。。)
TJ
2007年02月23日 02:16
もともと練習のときからオートポーズ、オートラップを設定して使っていました。信号待ちのときにタイマーが止まってくれるので重宝しています。本番では解除してから使用すれば良かったなと思っています。まさか止まってもいないのにオートポーズが作動するとは思いませんでした。

東京マラソンは確かに1kmごとに表示があるのですが、最初の5kmは人が多すぎて一度も表示を見つけられませんでした。中盤以降は毎回表示を見つけては、自分でラップを測っていました。

記録の方は3時間24分(ネットタイム3時間30分36秒)とサブ3.5をひそかに狙っていましたが、
達成はできませんでした。
TJ
2007年02月23日 12:05
タイムは3時間34分の間違いです。24分じゃサブ3.5達成しちゃってますもんね。
トイレにさえ行きたくならなかったらとか、もうちょっとあそこで頑張ってたらなどと思いますが、終盤はいっぱいいっぱいでしたからまぁ、こんなものなんでしょう。
かじ
2007年02月24日 06:34
はじめまして。201から305への乗り換え(?)て、GPSの性能がアップしているのに驚き(田舎なのでカシミールの地図上ではほぼ狂いなし)心拍が把握できるので走りに余裕が出来て、強烈に満足でした。
東京マラソンではスタート前は停止していたためかキッチリ衛星を捕捉していましたが、走り出すと高層ビル地帯を抜けるまでとんでもない表示をしていました。カシミールで表示してみると、ビルを突き抜けて行ったり来たり。
まあ、東京タワーのテッペンが見えないほど曇っていたのとビルの間で、GPSに不利な状況がダブルパンチでしかたないのですが。
でも、ビルが低くなるほど、天気が晴れるほど、いつもの田舎道と同様になってきましたけど。
GPSがおバカな時は心拍管理だけでも十分走りに余裕がでました。
来年は晴れの中を走りたいです。
2007年02月25日 02:17
ですよね。ですよね。
305でもさすがに曇天とコンクリートジャングルでは不利になっちゃいますよね。
ぜひ、今後は晴天の中を走ってみたいものです。
僕の地元も田舎なので、都会での不具合は想定外でした。

この記事へのトラックバック