山村の良さ、新規ビジネスで社会をよくしたい

静岡市内はとても広く、北に1時間車を走らせてもまだ静岡市内。
とても山深い地域があり、山村の限界集落のような場所が「大間」という
ところ。ここは、毎月第1,第3日曜日に民家の縁側を開放して
「縁側カフェ」なる試みをやっています。

こういう田舎の良さを活かしつつ、経済の活性化と人々の心を癒やすような
事をビジネスにして、失業率を下げられないか。

団塊の世代の余っている時間と知恵を、20~30代の元気のない世代に
何とか還元する仕組みを作れないか。

そして最終的には経済的にも精神的にも豊かで健康な社会を
作ることに少しでも貢献出来ないか。

これを生業として静岡に拠点を置いてビジネスを起こしたい。

ネタは柔らかなままだけど、数年以内に実現したい。
どなたか一緒にやりませんか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック