しずおか新産業技術フェア2009

  行ってきました。同時開催の「第7回しずおか環境・森林フェア」も

同じ会場なので見て回ってきました。同じ会場なのでエリア毎に

区切られているのかなと思いきや、エコの隣に技術関係の

ブースがあったりとごちゃ混ぜになっているのが印象的でした。

 

元々はSOHO静岡の方にお会いしに行く予定だったのが、滞在していると

環境に関するブースがとても多く面白かったので穴居2時間以上と

長居してしまいました。

 

このように林業のブースでは何故か狸の剥製が置いてあったり

 

DSC00300

 

新産業フェアでは異業種・異職種の農商工連携というキーワードも

出たり、またまた移植の組み合わせで商工連合会メンバー同士の

会社のコラボによるこんな商品も・・・

 

DSC00299

プリンの中に味噌を加えることで、とてもこくのあるうまみを

醸し出していました。残念ながら県内2ヶ所でしか購入出来ない

そうです。インターネットでの販売もしてないとか。

 

あとは、浜松の業者さん出展の、廃竹を利用した土壌改良材。

100平米でわずか500グラムくらいの使用で、収穫量が倍に

なるとか。これ自体は肥料ではないのですが、竹に含まれる

乳酸菌の働きによって、土壌がうまく改良されて肥料を

やたらめったら与える必要がないとか。

 

なかなか採算ベースに乗っていないようですが、東京など

大都市圏では貸し農園がブーム。重い肥料をどっさり運ぶよりも

持ち運びに手軽で、収穫量も多いとなればとにかく差別化を図りたい

都会の人にはヒット商品となりうるような気がしました。社長さんに

ブログなどで宣伝してみてはと聞いてみましたが、あまりピンと

来ていないようで勿体ない気がしました。代理店として販売して

みようかしら。

 

あと、カイワレ大根類を青色LEDで育成している農家を発見。話を

聞いてみると面白い事実が!

1.青色LEDで育成すると栄養価が高まる(らしい)

2.しかしそれが健康に即どう影響するかは実績データがない

3.青色LEDの設備投資は車一台分くらい

4.価格に転嫁できずに困っている

うーむ、そもそも何がやりたくて青色LEDでの育成に手を染めたのか。。。

 

あとは、岐阜県のNPO法人で印象的だったのは、自所の農園で無農薬

野菜や米の栽培をして、重度のアトピーを持つ人向けに社会復帰の

支援をしているところ。アトピー患者というのは、かゆくて眠れずそのため

朝の起床に問題があり、なかなか普通のつとめが出来ないとのこと。

医者に行っても根本原因の究明よりもステロイド剤の投与によるかゆみを

止めるくらい。アトピーが原因で鬱になる人もいるとか。

そんな現状を打破するべく、アトピーの原因となるような「食物を体に

入れない」「皮膚につけない(シャンプーなども含む)」「しっかり排泄する」

という事を手助けし、週末滞在ないしは中長期滞在で人間が本来から

持っている治癒力を助ける活動をしているそうです。1泊3食付でなんと

3000円!営利活動としても成り立ちそうなのにこれだけの薄利で運営

しているなんて素晴らしいと思いました。北は北海道、南は沖縄から

患者さんがやってくるそうです。ここ

 

あとは、紙漉体験が出来るブースなどもありました。子供連れでいっても

楽しいイベントでしょう。エコがかなり浸透してきました。これからの農業も

エコをキーワードにすることで消費者へのアピールが出来るように

なるといいですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック