さくらホテル@池袋

都内を中心として主に若手の外国人観光客をターゲットにしたさくらホテルという名前のホテルがあります。池袋にあるのはユースホステルタイプのドミトリーと呼ばれるタイプ。

10月期は平日の授業があるので、静岡に帰宅できないため格安で宿泊できる宿を探していたらここに辿り着いたのですが、1泊2,600円というお手軽価格。1部屋4~8ベッドある相部屋形式です。

昨夜は2回目の宿泊。部屋に入ると先客がいました。後から会話して知ったのですが、日本人、イギリス人、そしてオーストラリア人でした。で、ちょっとびっくりしたのはイギリス人は女性。いやはや、パンツ一丁で寝る予定にしていたのですがイギリス人女性が一緒にいます。といっても、他に選択肢がないので結局パンツ一丁で寝ましたが(笑)。

この二人の外国人は明後日月曜日横浜港から出港するピースボートと呼ばれる船に英語の教師として乗船する予定とのこと。無給ですが参加者である日本人に英語を教えながら3ヶ月かけて世界一周するそうです。帰港は来年1月18日。
若いっていいなあ。無給でもこうして若いうちに様々な体験や経験を積んで人間性を育むというのは、後になってからではお金でも買えない貴重なことだと思います。
ちなみに普通の参加者はお金を払って参加するそうです。いったいどんな年齢層のどんな人が参加するのでしょうね。この人たちも良い経験をするのでしょうけれど、こういう英語講師のように自らの収入源を3ヶ月絶ってでも参加する気合いの入れようとは比較にならないのかな、と感じました。

さくらホテル、学生時代に旅行で使ったユースホステルを思い出させるいいホテルでした。しかし、ビジネスマンが普通に出張で使うには厳しいだろうなあ。

ちなみにもう一人の同室した日本人の方、大手電機メーカーの方で出張で使っているとのことでした。国際交流が出来るから会社には内緒でということでしたが、結局片言も話さずチェックアウトしていきました。相手が英語の先生だから当たって砕けてちょうど良かったのに、もったいないことをしましたね~。
グロービス終了後の宿としては寝るだけという条件なので私には十分。しかし、宿泊者の平均年齢からしたら私はかなり上の方でしょうなあ。よし、次回もここにしよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック