日本の強みって?

さくらホテルに宿泊して出会ったイギリス人女性に、オーストラリア人男性。

いずれも自らの収入を絶って3ヶ月間英語を教えながら世界1周を果たすという。
とてもいい経験だし、今後彼らの人生においてものすごくプラスになるだろう。

話は変わって、チェックアウトしてから吉野家で朝食。ここで実際に切り盛りしているのは
中国人とおぼしき女性。とてもきびきびした動きとは対象に、店長とおぼしき日本人男性。
会話を聞いていると、この中国人女性のほうが芯がしっかりしており、どちらかというと
店長向き。

さくらホテルでの出会いと、吉野家で見たことから感じたのは、日本人はいつまでも
世界で優位性を持っていると信じているけど、このままで本当に大丈夫か?ということ。

インド企業で働いて日本企業をはじめとして世界各国の企業の動きがどんどん
聞こえてくる。韓国の企業は貪欲な営業力で一丸となって勢力を伸ばしているというのに
日本企業は内輪の論理だけで、なかなか改革も前に進まない。

日本人全体の危機感の無さをものすごく感じるのは私だけだろうか。

外国人が宿泊しにくるから日本っていいところ?

中国人が日本人に使われて牛丼やさんで働いているから日本人の方が偉いの?

切磋琢磨することを忘れたら成長はそこでストップ。気がついたら日本は
世界の成長から取り残されていた、なんて言うことがないようにまずは自らが
変わり、そして周囲を巻き込んでいかなければ。

そんなことを感じさせた昨夜からの一連の出来事でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック