エクスプレス予約と定期券

名古屋からの出張で静岡に帰ってきました。前回もそうだったのですがエクスプレス予約での有効範囲は名古屋から静岡まで。自宅のある安倍川駅までは、定期券で帰ります。が、エクスプレスカードと定期券の組み合わせでは自動改札を通れず、窓口での処理が必要となります。


で、前回もめたのが「乗車駅証明書」。


この紙切れの名前は許せるとしても、そこに書かれた文言が気に入らない


「次回からは切符をお買い求めの上ご乗車ください」


おそらく切符を買う暇がない人向けに渡すのでしょうけど、私は損なこと言われる筋合いは全くない。むしろ「いつもありがとうございます」というくらい言われても良いくらい貢献している。(新幹線の定期券)


前回は「これを持って行かないと駄目、文言は変えられない」という若い兄ちゃんN氏でした。サービス業ってそう言うのでいいのか、と諭すこと20分で決着し、その日の日報としても書いておくとのこと。しかしまた本日別の駅員T氏が同じ紙切れを。この文言が気に入らないから変更してくれ地↑要望を伝え、持って行きたくない旨伝えたら「いや、一応」と。一応って言う意味が分からん。持って行きたくない旨伝えたら、ならば良いという。そんな中途半端なものはやめてしまえ。紙切れ1枚変更することも沢山のはんこが社内で必要になるんだろうな。世間の変化スピードについて行けないいかにもガラパゴスな組織の典型という感じですな、JR東海。でも他に代替品がないという点であぐらをかいている殿様商売。うーん、それでいいのか?



0

この記事へのコメント