2010年大井川マラソン

台風14号の影響で一時は開催が危ぶまれた今年の大井川マラソンですが、幸い台風も速めに通り過ぎてくれて無事に開催されました。今回はグロービスの仲間二人と3人で参加。初めて出る大会ですが、この大会自体は今年で2回目。主催者のみなさま、ボランティアの皆様、その他関係者の皆様、ありがとうございました。


で、自己の反省点も含めて記録として大会についてメモしておきます。


駐車場:バイパスから大会会場までは所々案内の看板やスタッフも立っており迷うことはなかったのですが、A〜Fの駐車場の案内がいまいちで、Dに駐車すべきところ最初はBに入ってしまいました。案内スタッフもおらず10分ほどタイムロス。こういうのが怖いので、時間には余裕を持って出かけるべし。駐車場から会場までのピストン輸送バスは特に問題なし。


会場:島田市役所でバスを降り、ゼッケンの色別に待機する場所が決められていました。私は申告タイムが遅かったので最後列の赤ゼッケン。待機場所は小学校です。が、どろどろになった校庭を横切って受付まで行かなければならず、靴が泥だらけに。台風の影響とはいえ、これはちょっと頂けません。ただ、場所を分散することで混雑を最小限にするのはグッドアイデアでした。


スタート:市役所前の道を白、青、赤のゼッケン順に並びます。9時を5秒ほど過ぎたあたりで号砲代わりの花火が聞こえてきました。しかし、列が動くまで2分、スタート地点を通過するまでに5分かかりました。これは仕方ないかな。


市街地:島田の古き良き町並みを見学させているなと感じさせるコース取りでした。宿場町の町並みはとても趣があるものの、その道路自体がボトルネックになって速度が落ちることも。まあ、遊び半分の市民ランナーにはあまりシビアな問題ではないですね。


河川敷:いよいよ河川敷に入ります。最初は下流方面に。後から地図で見たのですが、大井川漁港にかなり近いところまで下っていったのですね。数年前に出場した大井川ハーフマラソンの時もそうでしたが、河川敷のコースは景色の移り変わりが乏しいのと、かなり先まで見通せてしまうので精神的につらいものがありますね。


エイドステーション:かなり頻度高くエイドステーションがあるのは感激。殆どの場所で水とスポーツドリンクがありました。スポーツドリンクはVAAMの粉を水で溶いたものかな、何処で飲んでも薄い味しかしなかった印象です。あとは、給食と書いてあるステーションではバナナしかなく、あっても氷砂糖と干しぶどう。ミカンもあったらしいのですが、私が通過した際には売り切れていたようです。


33キロ大エイドステーション:チキンラーメン(日清)、コーンスープ、オニオンスープ、おかゆ(味の素)、おいなりさん(手製?)、おにぎり(天神屋)、まんじゅう、ゼリー、その他諸々、しかもマッサージサービスもあったりして、そのおもてなしの気持ちは十分に伝わってきました。ていうか、食べ過ぎて残りの9キロがとてもしんどかったです。出来れば、他のエイドステーションでもバナナ以外のもう一品あれば助かります。私がこれまでに出場した袋井クラウンメロンマラソンでは、こういう大がかりなステーションはないですが、逆にどのステーションでもミカン、ばなな、カステラ(水で飲み干しやすくとてもありがたい)、氷砂糖、飴などいろいろあってありがたかったです。


コース全般:前半は所々水たまりがあったものの、大きな障害になるほどでもなく後半はすっかり乾いていました。路面もさすが専用コースだけあってでこぼこもなく走りやすかったですね。


応援:ハーフの時と違って、比較的遠藤の覆えんが多いのにはびっくり。島田市が市をあげて市民と共に取り組んでいるというのが伝わってきました。沿道で応援して頂いた方々、元気を頂きました。ありがとう!


ゴール:静岡市の駿府マラソンと違って、最後にぐるりと遠回りさせるのではなく、ゴールアーチが見えているまでの距離がゴールまでの距離で、最後は何処にこんな力が残っていたんだろう、というくらいの300メートル全力疾走。ゴール後は、ボランティアの女子学生にシューズのタグを外してもらいました(感激)。その後VAAMドリンクを頂き、記録賞を受け取って、さらに天神屋のおにぎりをもらって終了。会場では表彰式も終わり、飛び賞の授賞式が行われていました。


感想:比較的フラットなコースで、単調ながらも7時間という余裕のある制限時間のおかげで、練習不足な私も出何とか完走そうすることが出来ました(ネット:5時間37分)。練習さえ積めば自己記録も出しやすい大会だと思います。来年も出場しようかな。


おまけ:終了後3人でしずおかし内にある「すんぷ夢広場」という温泉施設に。あかすりとマッサージで汚れと疲れを洗い流して、走行中のあれこれの話を肴に美酒に酔いしれました。おかげで、フルマラソン完走後の翌日としてはかなり筋肉痛から解放され、快適です。かなりおすすめ。


それにしても、やはりフルマラソンはまやかしの聞かない距離ですね。足の付け根の筋肉痛、単なる練習不足なのか筋力不足なのか、ちょっと気になる課題です。また明日からもダイエットをかねて練習に励もう!




"2010年大井川マラソン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント